日本医療マネジメント学会
−第16回九州・山口連合大会−
会長 国立病院機構別府医療センター院長 酒井浩徳

●テーマ:今問われる医療マネジメント
 〜急性期から在宅介護まで:パラダイムの転換〜
●日 時:2017年12月1日(金)〜2日(土)
●会 場:別府国際コンベンションセンター B-Con Plaza
(大分県別府市山の手町12-1)
●プログラム:
基調講演:
    「日本医療マネジメント学会の活動とこれからの展望」
宮ア久義(日本医療マネジメント学会理事長)
会長講演:
酒井浩徳(国立病院機構別府医療センター院長)
招待講演:
西 太一郎(「いいちこ」三和酒類名誉会長)
特別講演:
  1:荒瀬泰子(福岡市副市長、内科医)
   「超少子高齢社会〜輝き活躍する女性たちへ〜」
  2:中野俊彦(直耕団吉野診療所所長、日本医師会第1回赤ひげ大賞受賞)
シンポジウム:
  1:災害医療体制を考える
  2:急性期医療から在宅介護における診療看護師の現状と展望
  3:医療現場における臨床倫理への取り組み
  4:医療と介護の統合:急性期から在宅介護への迅速な移行のために必要な事
※シンポジストは指名ならびに公募します。※
教育セミナー:
  1.医療安全
    筧 淳夫(工学院大学建築学部建築デザイン学科教授)
    「患者安全と施設環境」
    和田仁孝(早稲田大学大学院法務研究科教授)
    「(仮)医療メディエーション」
  2.クリティカルパス
市民公開講座:
  1部 本田 美和子(国立病院機構東京医療センター総合内科医長)
     「優しさを伝えるケア技術:ユマニチュード
  2部 帚木蓬生(作家、通谷メンタルクリニック院長 精神科医)
     「老活(老いてなお活動)で生き尽くそう」
一般演題:
クリティカルパス展示:
演題募集期間:  4月25日(火)〜8月1日(火)
事前参加登録期間:4月25日(火)〜10月13日(金)
●問合せ先:
国立病院機構別府医療センター管理課長 橋本和明
〒874-0011 大分県別府市大字内かまど1473番地
TEL 0977-67-1111  FAX  0977-67-5766
Email  kanrikachou@hosp.go.jp
URL  http://www.c-linkage.co.jp/jhmqy16/